●改めてMANUAL ALPHABET×NANGAのダウンを見直してみた件

冬のアウターには欠かせないダウンジャケット。

GREENROOMSでも毎年人気です!

その中で特にこだわったつくりのダウンがこの商品なんです。

早速なにがいいのか改めて見直してみました(^^)


シャツを基本とするトータルブランドMANUAL ALPHABETがダウンメーカーNANGAに縫製を依頼

左袖にNANGAのロゴがはいります。

まず素材にデイリーユースを基盤によりスペックの高い実用性を探求したデティールで

Ny/Puのストレッチのある素材を選び生機より別注した拘りよう。



力のかかる部分や摩擦のかかる部分には撥水ナイロンで補強

ファスナーも止水ファスナーなんです!



ダウンはヨーロピアンダウンを使用!

説明書きによると

ヨーロッパは、ユーラシア大陸のラウル山脈より西側の地域の総称で、日本では通常欧州とよばれています。ヨーロッパのダック飼育は、伝統的な飼育方法と新しい仕組みを取り入れ、広い場所でストレスも無く育てられているので、羽毛は丈夫になり嵩高性に富んだものとなります。


フムフム(。・ω・。)

選ばれた飼料を十分に与えられて大切に育てられたダックの羽毛、そのフェザーはしなやかで柔らかく、ダウンは心地よく身体になじみ、ダウンホールは小羽枝をたくさんもったものとなります。

そのため空気を含む小さな空間を持ち、保温性、断熱性、弾力性に富んだ素晴らしいものとなります。


なるほど(^^)

フードにもダウンが入ってボリューム満点!


着てみたら

こんな感じです。

軽い!

袖を通したら包まれるような感覚でとても気持ちいいんです。

長さもちょうどいいですね。

後ろが少し長くなっています。


これがあれば極寒でもかるくしのげそうです!


お値段はちょっぴりしますがこの作りと暖かさだったら納得です。

おすすめアウターです!

是非どうぞ!


商品はこちらでご覧頂けます↓

GREENROOMS

熊本のセレクトショップ GREENROOMSです。